細野豪志Official Site

Blog

2021.10.14

細野豪志の内政の政策

総選挙が近づき、内政の政策を聞きたいという声が聞こえてくる。

私の内政における理念は『ダイバーシティを大切にする』ことと『弱いものの立場に立つ』ことである。

 

ダイバーシティを大切に

 

私の内政における理念の一つは『ダイバーシティを大切にする』こと。まずは選択的夫婦別姓について。我が家は同姓でやっており、日本人同士の場合は同姓の方が良いと思う。ただ別姓を望む夫婦に対して同姓にしないとダメだと言うのは価値観の押し付けだろう。だから「選択的」なのだ。国際結婚では別姓が認められており、私は同姓でないと家族が壊れるとは考えない。次にLGBTについて。私はLGBTのアライとして引き続き法制定に取り組んでいく。

細野豪志ブログ〉LGBTのアライとして法制定に取り組む。内外逆差別の現状を知ってもらいたい

 

政治は弱いもののために

 

内政におけるもう一つの理念は『弱いものの立場に立つ』こと。これまでハンセン病、C型・B型肝炎、子供の貧困、児童虐待などに取り組んできた。

〈細野豪志ブログ〉生活保護家庭の進学準備給付金につて

〈細野豪志ブログ〉児童虐待を親として捉え直す

口唇口蓋裂の患者と家族の皆さんの「口友会」とは共に歩んできた。育成医療が18歳までなので、口唇口蓋裂の若者は成長が止まる前に手術受けなければならない。いろいろな政治家・政党に働きかけてきたが結果を出せていない。私を待っている人たちがいる。選挙を乗り越えて結果を出さねばならない。

 

いよいよ解散。無所属の制約は厳しいが、2009年の選挙以来、久々に地元に張り付いて戦う選挙になる。政治生命をかけた選挙を前に気力、体力は充実。戦う準備は整った。